トップページ泊まる > 越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

 越前漁港のほど近く、旅館や民宿が並び立つ厨(くりや)地区で、鮮やかな黄色の外観がひときわ目を引く「越前の宿 うおたけ」。約50年前に鮮魚店「魚武」として創業し、その後しばらくして旅館に生まれかわった。2016年10月にリニューアルオープンした本館は、シンプルながら暖かみのある客室でほっと安らげる。家族でのんびり過ごすも良し、グループで賑やかに語り合うも良し。地元の海の幸と絶景を望む温泉を、気負わずに楽しめる一軒だ。

居心地の良い和みのお宿



元漁師で、現在は越前漁港の仲買人でもあるご主人・武さんは、まさしく魚介のプロフェッショナル。確かな目で選び抜く極上の越前がには、質の高さと鮮度の良さが味の決め手だ。直接買い付けを行えるため、良心的な価格で提供できるのも、リピーターの心を掴んで離さないポイント。夕食では丸々1杯の茹でカニはもちろん、刺身、焼き、唐揚げ、釜飯、鍋といったバリエーション豊かな調理法でカニ料理を楽しめる。その日に水揚げされる寒ブリなど6種ほどの舟盛りも加わり、日本海の旨みをとことん味わい尽くせるフルコースになっている。
 

 

 「うおたけ」に到着したなら、リビングのようにくつろげる雰囲気のロビーでまずは一休み。ゆったりとしたソファに身を沈め、コーヒーを片手にリラックスできる居心地の良さに魅了される。リニューアルされた全10部屋の客室は、女将・真美子さんと息子の福伯(よしのり)さんが試行錯誤しながら創り上げた、ほっと落ち着く和の空間。アクセントとして配された桜や竹の模様の壁紙が印象的で、こだわりと感性が感じられる。

 

 大きな窓から日本海を一望できる温泉は、夕日を楽しめる時間に利用したい。源泉掛け流しの「くりや温泉」は、かつて武さんが仲間たちと掘り当てた厨地区の“宝”とよべるもの。つるつるとした湯ざわりはまるで化粧水のようで、湯上りの肌はしっとりなめらかに。広い脱衣所も海側一面が窓になっており、心地よい風が吹き抜ける空間で、ゆるりとした時間をいつまでもあじわっていたくなる。

 

 少し離れた別館「お宿 うおたけ」にもこだわりが溢れている。天井の梁を活かした開放的な空間と、上質なインテリアが印象的な館内に、客室は3部屋のみという贅沢な間取り。部屋ごとに寝室、食事、入浴の間が分かれており、プライベートな時間を約束してくれる。別荘に来たような気分に浸れる別館も、至福の時間を過ごせること請け合いだ。



越前の宿 うおたけ 詳細情報

所在地 〒916-0422
福井県丹生郡越前町厨17-83
TEL 0778-37-1099
FAX 0778-37-1500
駐車場 有り
アクセス ■電車をご利用の場合
・東京方面から
新幹線―米原(北陸本線に乗り換え)―北陸本線JR武生駅
・大阪方面から
湖西線―米原(北陸本線に乗り換え)―北陸本線JR武生駅

※武生駅からは、送迎バスがご利用できます(要予約)

■お車をご利用の場合
・東京方面から
東名高速道路―名神高速道路―北陸自動車―敦賀IC
・大阪方面から
名神高速道路―北陸自動車道―敦賀IC

※敦賀ICより
8号線―河野海岸有料道路―305号線―うおたけ
施設案内 和室10部屋
展望風呂
別館「お宿 うおたけ」
お食事処「かに亭 うおたけ」
定休日 12月31日~1月1日

越前がに職人

一覧

至高のカニを確実に提供

刀根瑛昌

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)