トップページニュース開高健 > 開高健の未発表小説発見 越前がに愛した作家

開高健の未発表小説発見 越前がに愛した作家

2012年01月06日

開高健

見つかった開高健の未発表小説「食卓と寝台 第二章」の冒頭=(開高健記念会所蔵・提供写真) 作家の開高健(1930~89年)が50年代に書いたとみられる未発表小説の一部が見つかったことが、5日分かった。見つかったのは400字詰め原稿用紙57枚で、「食卓と寝台」というタイトルの作品の「第二章」。開高健記念会によると、友人との貧しい共同生活を描いた自伝的作品だという。

記念会の前会長で、文芸誌「新潮」元編集長の坂本忠雄さん(76)は「筆跡などから自筆原稿とみて間違いない。『食卓と寝台』は編集者の目から見ると習作だが、これをもとに芥川賞受賞後第1作の『なまけもの』を書いたのだろう」と話している。

昨年1月、記念会が東京・神田の古書店から連絡を受けて開高の原稿と確認、購入した。「食卓と寝台」については、開高が53年に友人に宛てた手紙の中で、執筆を開始したことを記している。

原稿は「文学界」2月号に掲載されるほか、開高健記念館(神奈川県茅ケ崎市)では実物を展示している。

開高は祖父母と実父が坂井市出身。越前がに好きは有名で、何度も作品で称賛している。58年に「裸の王様」で芥川賞を受賞。「パニック」「日本三文オペラ」のほか、「オーパ!」などの紀行文やエッセーでも知られている。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前がに職人

一覧

至高のカニを確実に提供

刀根瑛昌

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)