トップページニュース > 詩人の田村隆一さんが以前書いていた... 越前ガニ、越山若水

詩人の田村隆一さんが以前書いていた... 越前ガニ、越山若水

2000年11月08日

 詩人の田村隆一さんが以前書いていた。三十年近く欧州に住んだある老芸術家から「ヨーロッパのおいしいものは食べつくしたが、越前ガニに匹敵するものはついになかった」といわれた―と▼「越前ガニは世界一だよ。それもその土地で食べなければだめだ」と背中を押されたようだ。そこで福井へやってきた。福井県越前町の旅館と三国町の料理屋をはしごしてカニざんまいの二日間。二十四年も前のこと▼老芸術家とは本県ゆかりの彫刻家高田博厚さんだと見当がつく。高田さんは田村さんの舅(しゅうと)に当たる。ちょうどそのころ、高田さんらとくだんの三国の料理屋で同席したのを思い出す▼カニをほおばる高田さんの顔は幸せそのものだった。田村さんも同じ料理屋で至福の時を過ごしたらしい。料理屋の主人にならってセイコの長い足を三本ずつむしり取り、足の付け根の肉にガバッとむしゃぶりつく▼同行のKさんは、ややあって蚊のなくような声で「おいしい」。人間は感極まると絶叫などしないものだ―と「味覚紀行」にある。小林秀雄、開高健ら多くの文人もその味を書き残している。どの人も鬼籍に入った▼待望の越前ガニ漁が解禁になった。福井県人としてはマツバガニなどとはいいたくない。やはり「越前ガニ」。ズワイなどなかなか口に入らないが、負け惜しみではなく味ならセイコだ▼外(そと)子が黒っぽいのを選べば味は保証付き。そして熱燗(かん)に限る。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かにまんじゅう

越前かにまんじゅう

10人分

越前がにのうま味をぎゅっと詰め込んだ一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)