トップページニュース > ミズガニ漁10日短縮 来年30日間、資源保護へ方針 県底曳網漁協

ミズガニ漁10日短縮 来年30日間、資源保護へ方針 県底曳網漁協

2017年08月25日

 福井県底曳網漁業協会の役員会が24日、福井市の県水産会館で開かれ、ミズガニ(ズボガニ)の2017年シーズンの漁期を16年シーズンより10日間短縮し、来年2月19日~3月20日の30日間とする方針を決めた。資源保護のための自主規制で、9月下旬に日本海側の1府5県が参加して神戸市で開かれる日本海ズワイガニ特別委員会で正式決定される。

 ミズガニの16年シーズンの漁期は今年2月9日~3月20日の40日間だった。短縮は14年シーズン以来3年ぶりで、30日間の漁期はこれまでで最も短くなる。

 ミズガニは脱皮して間もない雄のズワイガニ。数年後には殻の硬いズワイガニに育ち、単価も上がることから、石川県や京都府はこれまでに自主規制で禁漁としている。他県ではあまり食べられていないが、比較的安価なこともあり、福井県内でミズガニは特有の食文化として親しまれている。

 同協会の齋藤博美会長は「経営上の問題から(漁期短縮には)反対の声もあったが、資源保護のために決めた。長期的な観点からは良いことだと考えている」と話した。

 県によると、越前がに全体の16年シーズンの漁獲金額は20億2300万円で、2期連続で20億円を超えた。一定の基準を満たしたズワイガニの最高級ブランド「極(きわみ)」を15年シーズンから設定した効果により、ブランド力が高まっていると考えられている。このうちミズガニは1億200万円で、漁期短縮による漁獲金額全体への影響は限定的とみられる。

 

関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前がに職人

一覧

越前がにならおまかせ

納谷一也

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かに玉

越前かに玉

4人分

カニのうま味が凝縮

越前かにニュース (月別アーカイブ)