トップページニュース2012年2月 > 「うららの極味膳」好評、坂井市商工会 越前がにの「かに膳」も

「うららの極味膳」好評、坂井市商工会 越前がにの「かに膳」も

2012年02月06日

坂井市の食材を使った極味膳の一例。2カ月で2271膳を提供した=昨年11月、福井県坂井市三国町のすし店 福井県坂井市の食材を使った膳料理を市内50店舗が提供する「越前坂井 うららの極味(きわみ)膳」の販売が昨年末で2カ月がたった。販売数は2271膳、売り上げは約626万円で、事業を展開する坂井市商工会は「滑り出しとしてはまずまず」とし、テレビ番組放映などさらなるPRに力を入れ、食を通したまちづくりを進めていく。(屋敷洋史)

 「うららの極味膳」は地元食材を使ったまちおこし企画「旅食プロジェクト」の一環で、同市商工会が昨年11月6日から開始。市内の飲食店、宿泊施設50店舗が坂井市の豊富な食材を使った「極味膳」を提供、うち17店舗は越前がにを使った「かに膳」も提供している。12月末までの実績を各店舗からの報告書でまとめた。

 それによると、提供数は極味膳、かに膳合計で2271膳、売上額は626万50円。客単価は2757円。極味膳に限ると2133膳で483万3200円を売り、客単価は2266円となり市商工会が予想した単価約1600円を上回った。顧客は坂井市民がほぼ5割で、新規顧客も345人開拓した。

 市商工会は「提供数は予想を若干下回ったが、客単価が予想を上回るなど成果がありまずまずの滑り出し」とした上で、さらなる販売数増に向けた取り組みを計画。2月に、ふくいの食アンバサダーでフランス料理シェフ三國清三さん(東京都)と県の健康長寿ふくい推進特別アドバイザー、服部幸應さん、福井市出身でふくいの食アンバサダー、友田晶子さんを招き、極味膳の食べ歩きテレビ番組を制作、放映する。

 このほか今春に参加店舗を巻き込んだイベント、販売開始1年をめどに参加店舗を新たに募集し膳料理を増やすなどする予定。市商工会は「店舗、地域一体となって坂井の食、まちをどしどしPRしていきたい」としている。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)