トップページニュース2011年3月 > カニはなぜ冬の味覚なの?(越前がにQ&A)

カニはなぜ冬の味覚なの?(越前がにQ&A)

2011年06月08日

越前がにQ&A

 歴史的背景があると思われます。

 「越前がに」がすむ深い海域で操業できるようになったのは江戸時代の始めからです。越前の海は急深で、漁場が近いとはいえ、手こぎの船での航海には時間がかかります。ですから、保冷技術がない夏には鮮度維持に苦労したと思われます。特にカニは傷みが早いため、港に戻ったころには食用になりづらかったことでしょう。

 産卵期は冬ですから、雌ガニは卵巣の発達した冬のほうに値打ちがあります。また、脱皮の時期は夏から秋ですから、その時期のカニには良いカニが少ないのです。

 今でも底びき網漁業は、7月と8月は休業しています。

(情報提供:越前がにミュージアム)


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)