トップページニュース2009年11月 > 卵黄の色保つ越前がにの殻 県畜産試験場、鶏エサで効果

卵黄の色保つ越前がにの殻 県畜産試験場、鶏エサで効果

2009年11月12日

カニ殻

カニ殻をニワトリのえさに混ぜることで卵黄の白色化防止に成功した県畜産試験場=福井県坂井市三国町平山 福井県畜産試験場(坂井市)はこのほど、ニワトリのえさに少量の越前がにの殻を混ぜることで、飼料用米の課題だった卵黄の白色化を防ぐことに成功した。県はコメの需要促進を図るため、本年度から飼料用米の導入を進めており、同試験場は「飼料用トウモロコシの価格が上昇する中、カニ殻を混ぜた飼料用米の普及につながれば」と話している。カニ殻を与えると産卵率がアップする効果もみられた。

 ニワトリのえさは、主に輸入トウモロコシが使われているが、キサントフィルという色素が卵黄の色に作用している。そのためコメをえさにすると、味や栄養分は変わらないものの、卵黄の色が白っぽくなり商品化しにくいといった課題があった。

 カニ殻にはアスタキサンチンという色素があるため、同試験場はトウモロコシの25%と50%を玄米に代替したえさに、それぞれ全体の5%にあたるカニ殻を混ぜニワトリに与える実験を行った。卵黄の色の濃さを判定するカラーファンの数値は、えさがトウモロコシの場合は8・3、25%代替は8・0、50%は8・1で、見た目ではほぼ同じ色になった。カニ殻を入れない場合の数値は25%代替が7・6、50%代替が7・4だった。

 またカニ殻を与えなかったニワトリの産卵率は85・5%~85・9%だったのに対し、カニ殻を与えたニワトリは87・5%~90・2%と高くなる効果もみられた。これについて同試験場は「カニ殻は県内の民宿で回収したものを使ったため、カニ身が付着しているものが多かった。カニ身がえさのタンパク質濃度、栄養価を高めたことが原因ではないか」と分析している。

 同試験場は今後、カニ殻の効果を県内の畜産農家にPRするとともに、新たに本県産ソバを使ったえさの実用化を目指した実験を進めていく。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「かにまつり」のPRに奔走

池野政義

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)