トップページニュース2008年12月 > 全国にとどろく福井ブランドといえば、冬の味覚の王者「越前がに」だろう...

全国にとどろく福井ブランドといえば、冬の味覚の王者「越前がに」だろう...

2008年12月10日

 全国にとどろく福井ブランドといえば、冬の味覚の王者「越前がに」だろう。何しろ受験料三万円、日本一高額な「越前カニ検定」が昨年度開かれた。知名度は高い▼もちろん試験後にはパーティー付き。カニ料理や福井の地酒も楽しめるのだから三万円も仕方ない。それにつけても今やカニは高嶺(たかね)の花になってしまった▼黄色いタグ付き、正真正銘の雄のズワイガニは年に一度お目にかかれば幸い。昔はおやつ代わりといわれた雌のセイコガニでも気合が必要。ボーナスや宴会の時期が相場である▼「ズワイガニもよく食べるんでしょ」。県外の人に聞かれて口ごもる。そんなとき食通で知られる福井県ゆかりの作家、開高健を引き合いに出す。名文とされる「越前ガニ」である▼「雄のカニは足を食べるが、雌のほうは甲羅の中身を食べる。それはさながら海の宝石箱である」「私にいわせると雌のほうがはるかに深く広大で起伏に富んだ味を持っている」▼さらに開高は甲羅を外して、赤くてモチモチした内子や白いベロベロ、暗赤色の外子や緑色のミソを説明。「なおあれがあり、なおこれがある」と最高に褒めそやす▼唾(つば)を飲む”セイコ賛歌”である。ズワイガニに縁遠い人には説得力十分の理由になる。不景気とはいえボーナス時期。今冬のセイコガニは若干高いらしいが、開高がいうところの”海の宝石箱”を味わうのは至福である。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

「かにまつり」のPRに奔走

池野政義

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)