トップページ食べる > 紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

歴史の風情が残る福井市中心市街地の通称「浜町」界隈、一風変わった趣の外観を誇る割烹・小料理の店「紋や」。近代的な建物と通りから目を引く看板に誘われ、のれんをくぐると、ゆったりとしたカウンターと小上がり座敷のある広々とした空間が広がる。「使う食材は地元のものを中心に天然もので、養殖は一切使用しない」。大将の向山宏徳さんが厳選した季節ごとの旬の食材を生かした豊富なメニューを堪能できる。

手間暇かけた越前がに料理を提供

紋やの入り口


越前がにの料理は、定番のゆでがになどのほかに、「カニコース」を楽しめる。餅米の上にセイコガニの身やみそを贅沢に乗せた「せいろ蒸し」や、カニと長芋の蒸しもの「カニしんじょう」などを提供する。また、「店のウリとして、手間暇加えたものをシーズンに1品2品は用意できるようにしたい」と大将。里芋に下味をつけ唐揚げにし、カニのあんかけにしたものや、カニの殻から取った出汁で炊いた「セイコごはん」を作ったりもする。

カウンター席 「やはりゆがいたカニは一番おいしい。手を加えるとダイレクトな味が薄れるけれど、オリジナルのカニ料理は常に考えている。いい加減なものは出したくないので、そうそう完成するわけではないのですが」。最近「カニは蒸してもおいしい」という話を耳にしたという大将は、「蒸しガニ」なるものに挑戦している。「水分にうま味が出るのは野菜なども一緒で、カニでもひょっとしたらできるのかも」と試行錯誤を続けているそうだ。

お酒は日本酒を基本に地酒を数多く取りそろえている。「カニに合うお酒は?」との問いに「好みにもよりますが大吟醸よりも純米酒の方が合いますよ」と答えてくれた。「お客様から尋ねられたら、カニの味を壊さずにお互いに引き立て合うようなお酒をおすすめしています」

同店は「あえて片町を少し外れて、隠れ家的な店」をコンセプトに、2002年にオープンした。当初から浜町にこだわっていた訳ではないが、今では浜町に「愛着を感じている」という。2010年から、ふくい春まつりの一環で行っている浜町の歴史や魅力を発信するイベントでは、他の同業者らと協力して町の活性化に一役。「ここでずっとやっていきたい。浜町を盛り上げていきたい」と意欲を見せている。

※カニを召し上がりたいお客様は事前の予約をお願い致します。海の時化具合で船元が漁に出られずカニをご用意することができない場合もございます。午後9時までは予約でいっぱいになることがあります。夜の予約なしでのご来店の際は、午後9時以降が空いております。


 

開放的な雰囲気の店内

紋や 詳細情報

所在地 〒910-0006
福井県福井市中央3丁目4-6
TEL 0776-23-0040
FAX 0776-23-0040
駐車場 無し
アクセス JR福井駅から徒歩10分
営業 定休日:日曜日

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かに玉

越前かに玉

4人分

カニのうま味が凝縮

越前かにニュース (月別アーカイブ)